外反母趾治療の知恵袋-埼玉(さいたま)

注目

Pocket

■外反母趾の問題点

外反母趾とは、
足の親指が外に曲がって変形している状態。
女性に多く、キツイ靴や立っていることが多いとなりやすい
と言われています。

外反母趾の治療はお薬や超音波や干渉波などの物理療法及び手術、足底板療法、矯正装具の装着や各種療法(鍼灸やマッサージ、カイロプラクティックや整体など)が主流ですが、多くの方が改善にはつながっていないのが現状です。

その原因は軟骨の摩耗や骨の変形、足部の異常(扁平足やハイアーチ)とされていることが多く、患者さんも様々な治療方法を試し、医療機関を転々としている方が多いようです。


■外反母趾の原因とは?

外反母趾とは現代医学では形態的な変化(軟骨の摩耗や関節の変形)を痛みの原因にして治療が進められることがほとんどです。
しかし、軟骨の摩耗や関節の変形が痛みと直結しているケースは少数で、多くの場合が関節反射の異常や筋肉の異常な緊張(筋筋膜性疼痛症候群)がもとで痛みが発生しています。

実際に現場で見ていて分かってきたのが、なんらかの原因で筋肉や靭帯の微小損傷や酸欠状態が続くと痛みのセンサーが興奮し、痛みが発生する。
そして痛みが長引いてしまうと体のあちこちに痛みを出すようになる、ということです。

もちろん外反母趾の原因は様々ですから、施術をしながら原因を探っていく必要があります。

外反母趾とは足の親指の関節が小指の方へ曲がっていく症状の総称で、小指が親指側へ曲がっていくものを内反小趾といいます。

gaihan_boshi


■外反母趾の治療方法

筋肉内で興奮を起こしている痛みセンサーを沈静化させることが第一となります。
大抵の場合痛みがある付近に圧痛を伴う筋肉のシコリみたいなものがありますから、それを様々な方法をもちいて沈静化させます。

Physiotherapie


みなさんこんな悩みはありませんか?

・朝起きると動き始めが痛い
・動かすと痛み、歩けなくて困っている
・病院で「軟骨の摩耗や足部の異常(扁平足やハイアーチ等)変形から痛みが起きている」と言われ、足底板療法や矯正器具を装着するなどの治療をしたが一向に良くならない。
・指の変形がひどくなってきた
・現在行っている治療が痛いので、全く痛くない治療を探している
・この慢性的な痛みをなんとかしたい!

痛みは放っておくと強くなったり、体のあちこちが痛くなってしまうことがありますから、なるべく早く痛みとサヨナラしましょう。

外反母趾施術の解決方法を当院は提案できます!
詳しいことはこちらへ → おおしま接骨院ブログ(http://s621.com/blog

葉


ACT療法

高校卒業後にこの業界に入り、もうすぐ21年になります。今まで数多くの患者さんの症状回復に向けて施術をおこなってきました。

埼玉県蓮田市の地に治療院をかまえてから数年はAKAをおこなっていたのですが、ある日技術を見直すキッカケが訪れました。

いつものように患者さんの体に施術していると、皮膚に刺激を加える事で筋肉が柔らかくなったり、関節包内運動が正常化する現象を発見したのです。

その後数年間試行錯誤を重ね、安定して効果を出せるようになったのでこの施術方法に「ACT療法」と名前をつけました。

数年前に山口創先生の著書に出会いましたが、その中になぜ皮膚の刺激をすることによって筋肉の緊張が解けるのかが書いてありました。山口創先生や傳田光洋先生の本は読んでみることをお勧めします。

これまでに様々な刺激方法を試みた中で発見したことは

・一定の速度、刺激で皮膚を刺激すると筋肉の緊張が緩み、関節包内運動の異常が改善すること。

・特定の2ヶ所、3ヶ所を同時に刺激すると筋肉の緊張が緩み、関節機能障害が改善することなどです。

現在もより早く改善できるように技術を見直しながら改良を続けています。

腰痛やひざ痛など、運動器の痛みに関してですが、痛みが出ている場所に必ずしも原因があるとは限りません。例えば足の指がおかしくなっているにもか かわらず、腰に痛みを感じたり、首や背中に異常があるのに指や肘に痛みを感じたりすることはよくあることですが、これを「関連痛」といいます。

実際に現場で施術しているとこの関連痛が非常に多いことがわかります。

ですからACT療法では痛みのある場所にこだわるのではなく、全身を見てバランスを整える方法をとっています。

この技術で一人でも多くの痛みに悩む方が痛みから開放されれば幸いです。


おおしま接骨院のご案内

おおしま接骨院HP http://s621.com
おおしま接骨院ブログ http://s621.com/blog

大嶋大輔(おおしまだいすけ)

■プロフィール
新潟県産まれ
幼少の頃に経験した様々な怪我をキッカケに治療家を目指し柔道整復師国家資格を取得。
柔道整復師として腰痛や坐骨神経痛など、カラダの痛みやしびれを抱えた方の施術を専門におこなっている。
特に関節センサーの異常や筋膜性疼痛症候群の施術を得意とする。
現在は「一人でも多くの患者さんの痛みやしびれを取り除くこと」をモットーに、全国各地から来院する患者さんの施術に明け暮れる。

■著書
「テンタクル・タッチで痛みが溶ける!究極の脱力ジェリーフィッシュ・セラピー」
「腰痛解消!神の手を持つ18人」
「腰痛・首・肩の痛みを取る!匠の技を持つ23人」

■施術所
住所:〒349-0124 埼玉県蓮田市末広2-1-2
お問い合わせ:電話 048-764-1190
施術時間:午前9時~12時 午後2時~6時半(土日は午後5時半まで)
休診:水曜・不定期で時々

Pocket